自然治癒力が低下してくると、免疫力が低下し、様々な体調不良を起こす他、免疫力のバランスが崩れると、花粉症やアトピーなどの症状が出ます。

自然治癒力

 

自然治癒力は、常に環境の変化や体調に応じて、身体を調整していますが、その他に、防御と修復という重要な2つの機能があります。

 

ウィルスなど、外部からの攻撃に対して、身体を守る能力のことを免疫力といいますが、これは、自然治癒力の機能の一つです。その為、免疫力の高い人は、風邪をひきにくかったり、怪我をしても化膿しにくかったりします。

そしてもう1つは、怪我や病気で体がダメージを受けてしまった時に、それを修復する機能です。ちょっとしたすり傷やのどの痛みがだんだん回復していくのは、自然治癒力の働きなのです。

 

自然治癒力が低下してくると、免疫力が低下し、様々な体調不良を起こす他、免疫力のバランスが崩れると、花粉症やアトピーなどの症状が出ます。

 

現代人は、自然治癒力が低下しているとよく言われますが、その原因には様々なことが考えられます。

 

  • 自然環境の悪化、大気汚染などにより、常に身体的なストレスにさらされていること
  • 医療や薬の進歩で、ちょっとしたことですぐ薬に頼る習慣がついていること
  • 食品添加物を多く摂取している為に、味覚が麻痺していて、自然な食材を使った食事より、化学的な旨み成分が混入されている食事を好む人が多く、体内に毒素が溜まっている人が多いこと
  • 運動不足の人が多いこと
  • 朝起きて夜は寝るというような生活が、ずれてしまっている人が多いこと
  • 都市型の生活スタイルで、精神的なストレスが溜まりやすいこと

などがあげられます。

 

自然治癒力

体力が低下すると、精神力も低下しますし、その反対に精神力が低下すると体力が低下します

 

体力や精神力が低下すると、自然治癒力も低下し、より体調や精神状態が悪化します。

 

すると、それに伴って自然治癒力も低下するという悪循環に陥ってしまいます。

 

反対に、体力があり、ストレスをためず精神的に充実していると、心も体も強くなり、自然治癒力も高まるので、体調や精神状態が悪くならず、たとえ悪くなりかけても、すばやく回復することができます。

 

自然治癒力を低下させないことが、健康な身体を保つための重要なポイントなのです。

 

 

 

自然治癒力を低下させないためには、イメージの力が大きな助けになります。

 

  • 常にポジティブなイメージを持つこと
  • 明るい気持ちを保つこと
  • 将来に向けて希望を持つこと

がとても大事なのです。

 

ネガティブなイメージに翻弄されていると、ストレスばかりが膨れ上がり、体調も精神状態も悪くなっていくからです。

 

ポジティブな思考をしていると、自然に姿勢も良くなるので、内臓の調子も良くなり、ネガティブな思考をしていると、姿勢が悪くなり、内臓も圧迫されるので調子が悪くなります。

 

 

また、すぐ薬に頼らないということも大事です。

眠れないから、便秘になったから、ちょっと頭痛がするから…と言った理由ですぐ薬を飲む人は、身体が薬に慣れてしまい、次第に量が増えていく傾向があります。

 

  • 眠れない時は、眠れるように、心と身体をリラックスさせる工夫をする
  • 便秘になったら、食生活を見直すとともに、適度な運動をする
  • 頭痛になったら、肩や首のストレッチをしてみる

 

などを試してみましょう。

 

自然治癒力は、加齢により、徐々に低くなっていくものですが、

疲労とストレス

  • 睡眠不足
  • 不規則な生活習慣
  • 偏った食生活
  • ストレス
  • ネガティブな思考
  • 疲労
  • 喫煙

によっても、低下していきます。

 

食生活を改善して自然治癒力を高めよう

 

自然治癒力の高め方については、別のページで具体的な方法を説明していますし、
その他にも様々な方法があります。
⇒人の持つ免疫力・治癒力を高めるといわれる音響免疫療法もおすすめです。

 

日常生活の中で、身近にできることから、徐々に挑戦し、病気になりにくく、怪我をしてもすぐ回復する身体と、ストレスに押しつぶされない心を手に入れてください。